修理を減らす | 円滑業務は報連相から|中古ビジネスフォンでしっかりと
通販サイトを活用するとき知っておくべきこと

修理を減らす

コピー機の修理を減らす方法

コピー機についてよくわからないが壊れたり、紙づまりが多くて困ったことはないだろうか。修理や快適に利用する方法について紹介する。それは故障することを予測して未然にサービスマンが来てくれる仕組みを取り入れている会社のコピー機を使うことだ。リコーや富士ゼロックスの2社は故障することを事前に検知してサービスマンが訪問する取り組みをしている。同じサービス料金でも、コピー機をいつも見守って事前に修理してくれる。未来予知みたいなスゴイ世の中になったものだ。コピー機をいざ急いで使おうとしても故障で使えないという不快感を取り除いて、いつも快適に使えるサービスは非常に有難い。事前に修理をしてくれるのはコピー機を主力事業としている会社ならではだろう。また、修理に来てくれる時間も大切であり、それもコピー機を主力としている企業ほど早くサービスマンが来てくれるのだ。

保守料金の相場はどれくらいか

コピー機を主力事業としている企業と、主力ではない企業とでは異なってくる。安心して快適に使うとなると、コピー機を主力事業としている企業の物を使っていきたい。そうなると保守料金は月額1200円といったところだろうか。ただし日曜も保守してほしい、24時間保守して欲しいとなると、4000円・6000円となってくるだろう。朝2時などサービスマンがすぐに駆けつけてくれるなんて考えれば、決して高くない料金ではある。さらに保守料金の中にはトナー料金が含まれていたり、その他消耗部品代も含まれていたりする。そのため、一定の保守料金で修理を行うメーカー側がどれほど利益があるのか心配になるほどではないだろうか。とはいえ、一昔前に比べれば画質も印刷速度も早くなったコピー機がいつでも快適にすぐに使える便利な世の中には感謝したい。